シロアリについてのよくある質問


みなさんシロアリの事、防除作業のことに対して様々な疑問があると思います。

その疑問に答えていきます。

 

白い花 バックに「シライ消毒 シロアリ駆除・予防」

Q.シロアリは何を食べるのですか?

A.シロアリは自然界では主に倒木や落ち葉などを食べます。人間の生活圏では、木材や紙、畳、本、段ボールなどを好んで食べます。

Q.なぜシロアリは家を食べるの?

A.シロアリは家を食べるつもりはありません。

たまたま、たどり着いた先に住宅の木材があっただけなんです。

その木材もシロアリにとっては、生木ではないただの死んだ木なのです。

彼らは自然界では分解者として活躍していますが、我々人間の住宅でもついつい自分たちの仕事をやっちゃうのです。

Q.シロアリの好物は?

A.ヤマトシロアリ(新潟県の建造物に被害を及ぼす主な種)は湿った木材を好みます。硬い木材より、柔らかい木材を好んで餌にする傾向があります。

 

ヒノキなら食べないかというと、そんなことはなく、ヒノキでも辺材(材料の外側の部分)を加害することが確認されています。

心材(木材の中心部で硬い)なら加害しないかと言うとそんなこともなく、心材しかそこになければ、それをたべます。

Q.湿気があるからシロアリが来るのか?

A.床下の湿気の有無がシロアリ発生の主な原因かと言うと、そうではないんです。

 

土壌が乾燥していているのに、シロアリが発生することがありますし、湿気が多くてもシロアリがいないところもあります。

 

昔はシロアリ対策に床下換気扇は有効だという業者がいましたが(今でもいるのかな?)、腐朽菌対策には有効かもしれません。

Q.近所でシロアリの防除工事をしていた。こっちに移動してこない?

A.昔の業者のセールストークで「お隣でシロアリ駆除しています。こちらにシロアリが逃げてくるといけませんから、こちらでも工事しませんか?」このように言われた人が沢山いたんだと思います。

 

そして、その言葉を真に受けて、シロアリは駆除すると近所に逃げていくと信じている人がいます。これは迷信です。

 

そもそも、シロアリはそこにあなたの家があるなんて知りません。

 

仮にその後、シロアリの被害に遭っても、ご近所の駆除工事との因果関係があるとは考えられません。ご近所で工事をやっても、やらなくても被害に遭っていると考えられます。

 

全ての住宅に、シロアリ被害の可能性はあります。被害を防ぐには調査、対策しかありません。

Q.ベタ基礎の家はシロアリは発生しない?

ベタ基礎工法の断面図
ベタ基礎工法の住宅のシロアリの侵入経路

A.ベタ基礎にも継ぎ打ちという工法(一般的な工法です)で建てられた住宅は、実際に毎年数棟の住宅でシロアリの被害が確認されています。

それは基礎にクラック(ヒビ)が入ったり、隙間が生じたりする場合がありますので、そこからシロアリが侵入してくるのです。

 

継ぎ打ちに対して、一体打ちという工法だと、シロアリ発生のリスクはかなり減ります(ゼロではない)。

 

また、基礎断熱工法を採用している場合は、断熱材を経由してシロアリが侵入してくることが、近年増えています。

 

シロアリ駆除をメインに害獣・害虫駆除の依頼を受け付けております。

対応エリア

新潟県全域(阿賀野市、阿賀町、粟島浦村、出雲崎町、糸魚川市、魚沼市、小千谷市、柏崎市、刈羽村、加茂市、五泉市、三条市、新発田市、上越市、聖篭町、関川村、胎内市、田上町、津南町、燕市、十日町市、長岡市、新潟市、見附市、南魚沼市、妙高市、村上市、弥彦村、湯沢町)
※新潟県内での現場調査は、無料で行っておりますが、離島への調査にお伺いする場合、料金がかかる場合がございますので、予めご了承ください。